狭小地を有効活用する日本の技術|狭くてもYeahな家作り

駐車に関する注意

狭小地に住宅を建てる利便性はありますが、駐車スペースが確保しづらいという注意点もあります。また、建築の際の工事車両が停まる場所も確保しづらいので、事前によく確認してもらうことが大切です。

もっと知ろう

安く建てるなら

土地にもよりますが、基本的には狭い土地のほうが安く家を建てられます。そして、今は昔より建築技術が上なため、狭小地を安く買って家を建築する人が増えています。もちろん工夫は必要ですが、それだけメリットもあります。

もっと知ろう

間取りの工夫で快適に

狭小地に家を建てると安くて立地もよくなりますが、やはり狭さがネックです。しかし間取りを工夫することで、開放的に作ることができます。たとえば、広い空間を作る、天窓を作る、引き戸を活用するなどの方法があります。

もっと知ろう

無駄ない利用法

狭小地に家を建てるなら、コチラにおすすめの住宅会社が紹介されてますので、ぜひご検討ください。口コミも寄せられてますよ。

最近のトレンドとはどのようなものなのか

狭小地に家を建てるとなると様々な工夫が詰まった家が多いようです。それは限られた狭い土地を有効に使うためであり、狭小地でも十分な生活ができるようになっています。今一番人気なのが3階建て住宅なのだそうです。三階建てにすることで上の空間が出来、居住空間を多く設けることができます。また土地目いっぱいの広さで建物を建てるとなると困るのが駐車場ですが、三階建てだと一階部分を駐車場としても利用できます。日照や風通しの良さも得ることができるので魅力的です。狭小地では隣の建物との距離が近くなりがちなので、その対処がされている物件がほとんどです。大きな窓がなくても風が通るよう、スリット状に窓が設置されていたり、狭い空間での収納の確保も抜群にされているのです。

狭小住宅を扱う業者たち

狭小住宅は多くの住宅メーカーが出がけています。狭小地を自社で売り出し建ててもらうこともあれば、狭小地を持っている人の依頼で建設することもあります。なかでもおすすめしたいのは狭小地を多く扱い、得意としている業者です。建築数が多いということは狭小地ならではの工夫も知っています。ですので魅力をたくさんのところに詰め込んでくれます。狭小住宅で一番困るのが収納スペースが少なくなってしまいがちな点だと思いまう。でも階段下を利用したり、屋根裏を利用したりと満足のいく案を提示してくれます。また備え付けの収納家具を作ってくれることも多く、家に合った家具を置くことでスペースを無駄なく利用できるのがいい点でしょう。

伝統的な家屋には宮大工の存在が欠かせません。日本の情緒豊かな建物を守るためにもこちらのサービスを利用しましょう。建設にも最適ですよ。